会社案内 - 会社概要


 伊藤黒鉛工業株式会社の基本的な企業情報や沿革
70年以上の実績。伊藤黒鉛工業株式会社

COMPANY PROFILE [ 会社概要 ]


商号 伊藤黒鉛工業株式会社(Ito Graphite Co., Ltd )
創業 昭和8年4月
設立 昭和21年3月14日
資本金 3,500万円
代表取締役社長 伊藤 善康
本社 所在地:〒511-0106 三重県桑名市多度町多度970番地 →地図を見る
TEL:0594-48-2055
FAX:0594-48-2567
東京営業所 所在地:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-2 石橋ビル4階 →地図を見る
TEL:03-5244-9775
FAX:03-5244-9776
主要取引先 あいうえお順
SECカーボン(株)
エレマテック(株)
オリエンタル産業(株)
京セラ(株)
(株)小林商事
篠永化成(株)
昭和電工(株)
昭和電工マテリアルズ(株)
住鉱潤滑剤(株)
第一稀元素化学工業(株)
太平洋セメント(株)
帝国カーボン工業(株)
東京興業貿易商会(株)
東ソー(株)
トライス(株)
長瀬産業(株)
(株)ベンカン機工
日本製鉄(株)
日本パーカライジング(株)
日本ブレーキ工業(株)
日本ルツボ(株)
パレス化学(株)
(株)富士カーボン製造所
ベンカン機工(株)
ヘンケルジャパン(株)
ヘンケルUSA
西村黒鉛(株)
(株)丸豊鋳材製作所
三河鉱産(株)
(株)MORESCO
屋久島電工(株)
ユシロ化学工業(株)

COMPANY HISTORY [ 沿革 ]


1933年 創業者・伊藤善彦が、現在の所在地に伊藤工業所を創立する。離型剤黒鉛の製造を開始する。
1934年 使用済みルツボを回収し、金属の回収、またルツボを粉砕し、鋳造用の再生黒鉛の製造を開始する。
1935年 浮遊選鉱法により、良質の黒鉛の回収に成功する。 軽合金の再生に成功する。
1937年 家内的工業を廃止し、本社工場を新設する。
1938年 三重県四日市市に伊藤軽合金有限会社を創立する。特殊浮遊鉱法の技術開発により高品質の黒鉛の製造に成功する。
1942年 海軍管理工場に指定される。
1944年1月17日 伊藤軽合金株式会社を創立する。
1946年3月14日 終戦により軽合金部門の縮小を余儀なくされ、黒鉛部門への専業化が進む。 戦火による登記簿消失により、社名を伊藤産業株式会社と改め再度登記し、3月14日を設立とする。
1948年 高級品黒鉛をもって住友金属工業株式会社と取引を開始する。
1951年 社名を伊藤黒鉛工業株式会社と改める。
1973年 資本金3,500万円とする。
1980年 本社工場改築。
先代社長・伊藤和廣が、社長就任。
1994年 四日市工場を本社工場に総合する。
2003年2月 伊藤善康が社長に就任。
2005年7月 本社工場増築
2005年8月18日 ISO9001認証取得 登録証番号05QR・1338
2007年4月 本社工場改築
2014年9月 本社工場拡張
2015年10月 東京営業所開設
2016年3月 カーボン工房(仙台)開業
2021年1月 カーボン工房(仙台)の運営をアドバンストリガー社に譲渡